病院

気になるイボは病院で治そう!脂漏性角化症の専門医に頼る

より良い治療生活のために

女性

体の免疫機能を働かせる

一般的なガンの治療といいますと、どうしても体への負担が大きくなってしまいます。それに対して、NK細胞療法は、患者本人の体の免疫機能を強化して治療を行ないますので、体への負担が少ないのです。ガン患者の体内において、免疫機能は強い抑制状態におかれています。その結果、ガン細胞を攻撃してくれるはずの、ナチュラルキラー細胞が、うまく働いてくれません。 それを回避するために、NK細胞療法では、ナチュラルキラー細胞を患者から取り出します。そして、抑制状態が弱い環境である、患者の体の外部でナチュラルキラー細胞を活性化させた後、患者の体に戻すのです。その結果、患者の体の免疫機能が強い状態で働き、ガン細胞を攻撃してくれるのです。NK細胞療法は、人間の免疫機能をうまく活用した治療方法なのです。

家族の支援が1番の治療

NK細胞療法は、患者本人の免疫機能を利用しますので、副作用はほとんどありません。しかし、軽度の発熱が生じることはありますので、そこは注意すべきです。 また、治療できる施設は限られていますので、多少の体調変化をしても対応できるように、宿泊施設等の手配などもしっかり準備しておくと良いでしょう。 体への負担が少ない治療といっても、遠方に治療に行く場合もありますので、最初は家族に付き添ってもらっても良いでしょう。病気の時は、普段は思いもよらない状態におかれるものです。そんな時、家族の支援があれば、慣れない病気の治療も安心して取り組むことができます。なるべく早く病気を治すためには、安心できる治療環境が必要ですが、それには家族の支援が1番なのです。

Copyright© 2016 気になるイボは病院で治そう!脂漏性角化症の専門医に頼る All Rights Reserved.